近況。

  • 2015.10.10 Saturday
  • 23:59
日が開いてしまいました。
その間もシャロンさんの薬は効き続け、それなりに元気でした。


こんな楽しそうなお尻を向けながら。

写りもぶれるほどに美味しくガムを頂く姿は微笑ましく思ってました。
つい2.3日前の写真で御座います。
昨日は昨日で久々に車に乗って爪切りに行ってきたところでした。


ですが・・・
今日突然に母から電話が。

「どうやら目が見えてないみたい」と。

名前を呼ぶと必ずこっちを見て目を合わせていたシャロンが、どうやら宙を仰いで焦点が合っていないと・・・。
家の中をうろうろするも普段行かないような隅に行って固まってたり、
散歩で段に鼻をぶつけたり、
トイレで用を足さないということでした。

「とりあえず行くから!」

と返し、準備をしていると十数分後、再び電話が。


「シャロンが口開けっ放しで痙攣起こした!」と。
ガタガタと震え続け、母が抱きしめて数分・・・痙攣は治まったそうです。
その後はケロッと家の中をうろうろしていたらしいのですが、尻尾は下がりっぱなしだったとか。

急いで家を出ました。

実家に着いて玄関を開けてもお迎えは無し。(昨日行ったときは玄関まで来てくれたのです)
シャロンの寝床の脇に座り、頭を撫でたところでやっと本人が気付きました。
確かに宙を見てました。
でもムクリと起き上がると尻尾を振って私と相方へとすり寄ってくる姿にホッとしました。本当に。

家を出るまでは心配で堪らない反面、どんな状態なのかわからない姿と対面するのが怖かったというのが本音です。情けない限りです。本当に。


とりあえず行きつけの病院は昼からも開院してくれていたので連れて行くことに。

普段のシャロンさんだと待合室でじっとしてられない。鳴かずにはいられない。という、本当に他の患者さんに迷惑かけまくりのお子なのですがw今日はその気力すら感じられず…同じく待合室にいたビーグルと柴のミックスちゃんと一緒にぶるぶる震えながらの待機となりました。
勿論。普段なら診察台の上でも暴れまわる子が、大人しく立ってるものだから先生も驚きを隠せません!
これはただ事ではないと(苦笑)

エコーを撮って、血液検査をしてもらいましたが、特に何が進行している風でもありませんでした。
数値も良いわけではないですが、相変わらずといった感じでしょうか。

先生曰く、最悪の場合は脳の方に転移してしまっていると発作痙攣が繰り返される可能性がある。ということでした。
目が見えないのは進行のせいかもしれないということらしいです。でも、ふと見えてる素振りをするときもあるのですと伝えたところ、波があるのかもということでした。
今のところはどれだけ発作が起こるかによる様子見だそうです。発作が治まらなかった時のお薬も貰って・・・。
とりあえず何かあったら電話下さいとの有難いお言葉を貰い少し安心。

病院の周りを少し散歩したのですが、尻尾は上がらず…。
調子よくまっすぐ歩いたかと思ったら、こちらが止めるスピードも間に合わず電柱に額をゴン!
そんなに激しいものではありませんでしたが、軽く音が聴こえました(汗)
これは・・・こちらが相当気を付けないといけませんね。

家に帰ってからも発作まで行かずもガタガタブルブルの痙攣ぽいものが続いたのですが、ベッドの中で丸まり暫くすると少し落ち着いて寝始めたので私たちは帰宅したのでした。
やはり自分のベッドは一番落ち着くんだろうな。

こんなときだからこそ私がシッカリしなければならんのですな。
うん。
コメント
コメントする








    

selected entries

recent comment

profile

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM